爪の水虫の治療あれこれ

爪水虫の治療法

      2017/09/18

爪水虫の治療法はいくつかあります。それぞれ効果や費用、完治までにかかる期間が違います。

外用薬(塗り薬)による治療

爪水虫の外用薬治療

抗真菌成分を配合したクリーム状の薬や、ジェルを爪とその周りの皮膚に塗ることによって爪水虫を治療する方法です。

1日1回塗布するタイプのものが多いです。

皮膚の水虫薬と使い方は同じですが、爪の性質上、肌の水虫用のものは有効成分が浸透しにくいため治療期間が長くなる傾向にあります。

内服薬による治療

爪水虫の内服薬

抗真菌成分を配合した飲み薬を使った治療法です。効果的な成分を飲むことで、白癬菌にアプローチしますので、外用薬と比べて効果が早いです。

肝臓などに副作用が確認されている成分を配合したものもあります。また医師の処方箋がないと薬は購入できませんので、医師の指導を守って使用する必要があります。

レーザー治療

爪水虫のレーザー治療

医療用レーザーを白癬菌に感染した爪に照射することによって、その熱で治療する方法がレーザー治療です。

保険対象外の治療ですので治療費は高いですが、数度の照射で完治させられる方法ですので効果は高いです。

また副作用の心配もありません。

 - 未分類