手の爪が水虫になってしまった場合には

爪の水虫が手にできてしまったら

      2017/09/18

爪の水虫というと足の爪が罹りやすいのですが、手の爪が白癬菌に感染することもあります。

手の爪は足の爪と違い、一日中靴や靴下やストッキングを履いていることによる蒸れの影響を受けにくいですし、足に比べると手は洗う頻度が多いため、一般的には感染しにくいです。

しかし爪水虫(爪白癬)やグリーンネイルといった、真菌感染による爪の異常で悩んでいる方は意外に少なくありません。

手の爪が爪水虫に罹る原因としては、白癬菌がついたままのバスマットを素手でさわったり、洗濯の際に靴下の内側を手で直接触ったりするなど、足に出来た水虫の白癬菌を手で触ることによって感染してしまうことが多いです。

また水を長時間使う仕事をしている場合にも感染しやすくなることがあります。それは水やぬるま湯などに手を長時間晒すことによって皮膚がふやけてしまい、菌が入りやすい状態になるからです。

通常、健康な状態の皮膚内部に白癬菌が侵入するまでには約1日かかると言われていますので、毎日入浴していれば水虫にはならないと言われています。

ですが毎日入浴できない事情があったり、水仕事の後のケアを怠っていると、手の爪と言えども白癬菌に感染してしまうので、清潔に保つことや、手の皮膚のバリア機能を維持するためのケアを行うことが予防となります。

もし感染してしまった場合は、早期なら市販の塗り薬でも対応できますが、中度から重度まで進んでしまった爪水虫は皮膚科に行って治療するのが早く治すためのポイントだと言えます。

 - 未分類