爪水虫がうつらないようにするための予防策とは

爪の水虫はうつるというが

      2017/09/18

爪水虫は一度罹ってしまうと元の健康な爪に戻すのに時間がかかりますし、見た目も気になります。それは爪の水虫の原因である白癬菌が皮膚の深部に入り込み、塗り薬を使っても効果的な成分がそこまで浸透していかないからなのです。

それに家族のうち一人が爪水虫に罹ると、いつの間にか他の家族にも感染してしまう可能性が高まるため、うつさないための対策と、予防が大切です。

健康な爪の女性の足

まず爪水虫を他の人にうつさないための対策ですが、大きく分けて罹っている方の持っている白癬菌をバラまかないようにすることと、白癬菌が家の中で繁殖することを防ぐ対策に分かれます。

罹っている方が白癬菌をバラまかないためには、靴下やスリッパを履いて部屋の中でも裸足で生活しないようにすること。

できれば靴下は1日に何度か履き替えて、足を清潔で乾燥しやすい状態に保つようにし、スリッパは同じものを使い続けるのではなく、履き替えを用意してスリッパの中で白癬菌が増殖しないようにすることです。

またスリッパについては家族一人一人で専用にすることもよいです。

家の中で白癬菌をバラまかないようにするには、バスマットを細目に洗って取り替えること。

埃のたちにくい掃除機を使って床を掃除することや、床やたたみを雑巾で水拭きすることです。

水拭きする際には洗剤をまぜた水で拭いた後で、水拭き→乾拭きをします。

ご家族で爪水虫にかかっていない人の予防としては、毎日足を石鹸できちんと洗うことです。

白癬菌は皮膚に普段からいる常在菌の一種で、そのままでは悪さをしません。

しかし皮膚の中に侵入すると水虫を発症し、なかなか退治することができないのです。

白癬菌が皮膚の中に侵入してくるのには約24時間かかりますから、毎日しっかりと洗うことで十分感染は防げます。

足を石鹸で洗う際には、爪の隙間や周りの皮膚まで丁寧に擦るようにすることが大切です。

 - 未分類